カラビナブログ

やりたいことを、やりたいように、やれるようにする 〜とある会社の月次報告会(パーティー)〜
cumin エンジニア

これまでカラビナブログでは、

ジョニーパーティー

という謎ワード?が折に触れて登場してきました。

新卒から見たカラビナテクノロジー メンバーインタビューvol.3 Teke

今回は、謎のジョニーパーティー(以下、ジョニパ)の様子をお伝えしたいと思います。

経営理念として、

「やりたいことを、やりたいように、やれるようにする」

を掲げているカラビナテクノロジー(以下、カラビナ)ですが、そんな会社のパーティとはどのようなものなのか?

「やりたいこと」をするのは、組織として意味があるのか

「やりたいように、やれるように」すれば、統制がとれなくなるのではないか?

前回のジョニパの模様をお伝えしながら、
現在インターン中のcuminが、その疑問にお答えします。

ジョニパって?

主に、カラビナは次のような人達が組織的に動いています。

メンバーは、大体複数のグループに所属して活動・業務を行っています。

グループ①:様々な案件をこなす技術的なもの
(通称、チーム。フロントエンド、バックエンドチーム、D3チームがある)
       
グループ②:社内運営・業務改善を検討するもの
(通称、課。イベント課、新人課、ホームルーム課などがある。)

グループ③:サークルなど
(マラソンサークルなどがある。)

ジョニパは、基本グループの月ごとの稼働報告を全社員に共有する形で進行します。
 
また、リモート勤務の方は、リモート参加してます。
 
また、発表ではなく、 共有が目的 なので、義務的な形だけの発表は行いません。

これだけでも、発表者や聴衆にとっても不要な負担がなくて良いですね。

ジョニパって普通の月次報告とは何が違うの??

ただ、これだけだと他社でいう月次報告会のようですが、
 
加えてジョニパの特徴は、

聴衆とのやり取りの中で自然と笑いが起きる雰囲気 で、

世の中・他社と対比した、自社としての方向性を共有 しながら、

毎回異なるミニイベント をする

ことです。

月次報告会なのに一見、締まりがないようにも思われますが...

これはJonyさんの、心のカツラをはずせる会社を目指すことが背景にあります。

肩書きはジョニーパーティ主宰 Jony メンバーインタビューvol.2

一見、業務とは関係なさそうなところから生じる社内コミュニケーションを重視した結果なんですね。
 
image1

今回のジョニパも月ベースの変動について、
uzさん/CEOの根底にある考えを、時に講演のように、時に会話的にやりとりしながら共有しました。

たとえば、経営理念である

「やりたいことを、やりたいように、やれるように」 をするとは、

全員が好き勝手なことをするということを言っているわけではなく、
アイデアを持つのは誰でも良くて(社長じゃなくて良く)、そこに皆が集まり、チームとしてそれ を作り上げる、ということ。
また、それを実現するためには、自由に動けるだけの儲けが必要で、クライアントワークをしっか することにより、やりたいことが、やれるようになると思っているので、そこをしっかりできていることが前提になる。

という思いを吐露されていました。

また、ジョニーパーティ主催者(jonyさん)は、ジョニーTEDの中で

会社が決めたことだから(とりあえず)従おう、と考えないように。
今カラビナにあるものは誰かが作った不完全なもの(制度)なので、
これからもふさわしいとは限らず、意識的な変化が必要

と熱弁されていました。

ジョニパ恒例のミニイベント

その後のミニイベントは、uzさんへの質問コーナーとフリーマーケットでした。

uzさんを雰囲気とお酒の力で押しに押して、以下のような質問に答えてもらいました。

一般的な立場の違いからくる遠慮はなく、むしろ相手に対する尊敬や気遣いがあるからこそできるイベントだったと思います。

(質問・一部抜粋)
・毎日何時間寝ますか?
・スマホに入れているアプリは?
・20代前半のころ、何を意識して仕事をしていましたか?
・なんで経営者になろうと思ったのか?
・何を考えているときが一番楽しいですか?
etc…

フリーマケットは0円ルーターから手作り菓子、電子ピアノ、果ては原動機付自転車(納品方法は要交渉(笑) )まで、幅広く出品されました。

それ以上に、物のやり取りを口実として、メンバーが互いに交流を深めているのが印象的でした。

image6

(フリーマーケットの様子)

image5

(ある人は、青いベンチを演奏したり....)
image3
(筋トレしたり...)
image7
(筋トレしたり...)
image4

(カードゲームしたりしました。)
※wevox values card :数あるキーワードから自分にとって大切なものを選んでいくゲーム。(右下は、とあるメンバーの手札)

結論:ジョニーパーティとは...

今のジョニーパーティーとは、

カラビナという会社を大きくする伸びしろになる余白をつくる取組み

だと感じました。

メンバー同士の交流の敷居も低くするための取組も趣向を凝らすことで、

結果的にメンバーがその余白の中で、のびのびと仕事ができていることに繋がっていました。

何より楽しそうな人達に囲まれていると自分も楽しくなりますよね。

そういった環境が整っている・作り出せる所だと思いました。

ブログ 一覧へ