カラビナブログ

リクメディアの"戦略的"ニックネーム文化ってなに?カラビナ初の社内ベンチャーリクメディア特集vol,2
nda タコス作り推進役

こんにちわ。

カラビナテクノロジーPRサークルのndaです。

リクメディア特集、Vol,2となる今回は

「リクメディアの戦略的ニックネーム文化」

について、お届けします。

カラビナでは、ニックネームで呼び合うニックネーム文化でやっているのですが、、リクメディアのニックネーム文化はちょっと違うみたいです。

それでは本編をどうぞ!

「戦略的」ニックネームとは??

—— カラビナはニックネームで呼び合ってますが、その点はリクメディアでも同じですよね?

え〜と、 半分同じで、半分違いますね。

というのも、リクメディアでは

”戦略的ニックネーム”

をつけているからです。

—— え?「戦略的」ニックネームって、どういう意味ですか?笑

たとえば、司会を担当しているニックネームが「マリン」という子がいます。

マリン

マリンさんは九州大学の薬学部生でインターンとして働いてます。

で、

「ウチで今、九大の薬学部の学生が働いているんですよ」

と薬剤師を求めている企業様にお伝えすると、 ”リクメディアは、九大の薬学部とつながりがあり集客力がある”ということを、アピールができるんですよ。

—— たしかに、そうですね!でも、、「マリン」って薬学とつながります??

マリンさんに「好きな有機物はなんですか?」って聞いたら、「ホルムアルデヒドです」
って返ってきたんですね。

ホルムアルデヒドって、ホルマリンですよね。

そしてですね、なんとマリンさんは、苗字が照海で名前に海が入っているんですよ。

照海の「海」とホルマリンを掛け合わせて

「マリン」

です笑

—— 連想ゲーム的にニックネームをつけるの、カラビナと同じですね。そして、なにより「マリン」さんのニックネームを紹介するときに、薬学部っぽさが伝わりますね!笑

そうです!

覚えてもらいやすいし、薬学部感がでますよね笑

結果、薬剤師を採用したい企業様と話をスムーズに進められるということです。

これが「戦略的ニックネーム」です笑

—— たしかに、ニックネームに戦略を感じますね。他の戦略的ニックネームないんですか?

ありますよ!

コイン

コインさんは、九工大生でブロックチェーンの研究をしている んですよ。

で、ニックネームは「コイン」です笑

でも、企業に

「リクメディアにビットコインの研究をしている学生がいる」

とお伝えすると、これもまたアピールできるし印象に残るんですよ。

—— そんな営業アピールに使われて、本人も気に入っているんですか?笑

もちろん、本人も気に入っていますよ!

戦略的ニックネームというと、営業目線でやらしい感じが出ますが

本人もそのニックネームを気に入っている
営業のアピールにも使える(もちろん本当に、彼らインターンのおかげで、弊社のオンライン合説には九工大生や九大生が多く参加します)

この両立を目指してニックネーム文化を守っていきたいと思います。

vol,2 「リクメディアの”戦略的”ニックネーム文化」まとめにかえて

さてさて、今回は
「リクメディアの”戦略的”ニックネーム文化」
についてお届けしました。

営業アピールのためにニックネームをつけるなんてアコギな社長さんでんな、、と思った僕ですが、あくまで本人も気に入っていることが大切です!とジョニーさんが力説していて安心しました。

一方、カラビナではニックネームに戦略的な意味を込めることはなく、その人の好きなものやそれまでの人生、雰囲気などからニックネームをつけています。

ところで、当のジョニーさん。

「ジョニー」に戦略的な意味はないが、スパークなヘッドを戦略的に使っている。

というわけで、リクメディア特集vol,2でした!

vol,3もお楽しみに!

ブログ 一覧へ